コレクション: idogaeru

「はじめまして、idogaeruです。

『どんな人でも自分の可能性を信じて突き進んでいけば、いつからでも理想の未来は創れる』

このことを本気で信じて欲しいと思って僕は画家として活動しています。

いつからでも理想の未来を創るために大切なのは【今この瞬間】だと思っています。

過去と未来。

2つの側面から今を捉え、今にフォーカスする事で自分の人生をより楽しく、より豊かな方向へと導き、それぞれの価値観が持つ様々な幸福を手に入れて欲しいという思いの籠った作品を観て、何かを変えるキッカケにしていただければ嬉しいです。

色彩豊かで緻密な作品の数々をごゆっくりとご堪能ください。」

【プロフィール】

1984年鳥取県境港市生まれ。

幼少期から絵を描くことが好きで、19歳の時に漫画家を目指し、専門学校に通いながら本格的に絵の技術を学ぶ。

卒業後、細かい描写やカラフルな色づかいのデジタルアートに魅力を感じるようになり、積極的にイラストレーターとしての道筋をひらく。

その後、飲食店で働きながら個展やテレビCMの背景、イベントなどのポスター制作などの活動を開始。

2019年、インターネットラジオに出演したことがきっかけで、翌年開催されるパリ・ルーヴルでのアートフェアに出展が決定。(※新型コロナの影響により2021年10月に出展が変更となる)

この頃にデジタルアートだけでなく、キャンバスにアクリルガッシュを用いたアナログアートにも着目。いままさに新たな作品を次々と生み出している。

「どんな人でも自分の可能性を信じて突き進んでいけば、理想の未来を創れる」ということを自身の活動や作品を通して多くの人に感じてもらいたい。

そして、自分のような小さな町で生まれた者でも、世界という大舞台で活躍できるアーティストになれるということを実証するために、

2025年世界最大級のアートフェア

【Art Basel】

への出展を目標に鋭意活動中である。